Suntuubi-palvelussa käytetään evästeitä. Palvelua käyttämällä hyväksyt evästeiden käytön. Lue lisää. OK
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012

RSS

 「………ぐっ。」Gは、何とか、怒りを押さえ
08.11.2018 15:15

「………ぐっ。」Gは、何とか、怒りを押さえ込むと、投げた火縄銃を拾い上げ、震える手で再び発射の準備にかかる。パァン!!すぐに目についた者を打ち抜き、再び玉込めの姿勢となる。she.com(くそっ!こんな事をいつまで続けてれば良いんだ!!)Gが好転しない状況に混乱を抱えた時、外から敵兵の叫び声が聞こえてきた。「おぃ!鍛冶場一つ如き、まだ落ちんのかぁあ!!」「申し訳ありません!思いの他、抵抗が激しく!!」「正面から向かっていくからじゃ!頭を使え!!戦意を無くさせれば良いんじゃ!!」「ははっ!」「次に来た時にも落ちてなければ、ヌシの首を落とすぞ!!」「ははっ!!」敵兵の指揮官らしき者の会話である。その会話が終わると、敵兵からの攻撃中止の叫びが聞こえてきて、敵の攻撃が止んだ。Gは息を吐いて火縄銃を立てかけ、外を注視していると、敵兵達が、捕まえた町民や投降した町民達を鍛冶場の前に並べ始めた。そこには、Gの知っている町民も何人か混じっている。(あいつら何をする気だ…。)すると、町民を並べた敵兵は、「鍛冶場の者ども!良く聞け!ヌシらの抵抗など無駄な足掻きじゃ!まもなく城が落ちる!その時に降伏しても許さぬぞ!!」鍛冶場に向かって大声をあげた。それでも鍛冶場の者達は、返事を返さず黙って敵兵を見ていると、「ならば、ヌシ達もこうなるぞ!!」と吠えて、槍を持った者達が町民の前に並んだ。





Kommentti

Kirjoittaja

Sähköposti

Kotisivut

Roskapostisuojaus: Paljonko on kuusi plus kahdeksan?
(Pakollinen, Vastaa numeroin)



Ei kommentteja




©2018 Travel Spike - suntuubi.com