Suntuubi-palvelussa käytetään evästeitä. Palvelua käyttämällä hyväksyt evästeiden käytön. Lue lisää. OK
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456

RSS

 隆行は、その様子を満足そうに眺めると、「で
08.11.2018 15:19

隆行は、その様子を満足そうに眺めると、「では、勝行殿には、此処をお願いしたい。当家の島清興に率いさせた10名を託します。そして…」と、諸将の具体的な配置を指示し、戦術の準備を終えた。美國代運推薦そして、隆行は、戦後の動きについても、あれこれと告げると、軍議は解散となった。諸将が陣幕から駆け出し、それぞれの部隊へと戻って行く。最後まで残っていた隆行は、一度背伸びをして、陣の外に出る。周辺から各隊の兵達が準備をする音が聞こえてくる中、一人の斥候が隆行のもとに走り寄ってきた。「申し上げます!敵兵、まもなく結集が済む模様です!その数、およそ3000!!」隆行は、その斥候にも、先ほどまでと同じように軽く慰労し、再派遣すると、(出来れば、死者の少ない戦にしたい…。)と、敵陣のある方角を睨みすえていた。


Kommentoi



 「………ぐっ。」Gは、何とか、怒りを押さえ
08.11.2018 15:15

「………ぐっ。」Gは、何とか、怒りを押さえ込むと、投げた火縄銃を拾い上げ、震える手で再び発射の準備にかかる。パァン!!すぐに目についた者を打ち抜き、再び玉込めの姿勢となる。she.com(くそっ!こんな事をいつまで続けてれば良いんだ!!)Gが好転しない状況に混乱を抱えた時、外から敵兵の叫び声が聞こえてきた。「おぃ!鍛冶場一つ如き、まだ落ちんのかぁあ!!」「申し訳ありません!思いの他、抵抗が激しく!!」「正面から向かっていくからじゃ!頭を使え!!戦意を無くさせれば良いんじゃ!!」「ははっ!」「次に来た時にも落ちてなければ、ヌシの首を落とすぞ!!」「ははっ!!」敵兵の指揮官らしき者の会話である。その会話が終わると、敵兵からの攻撃中止の叫びが聞こえてきて、敵の攻撃が止んだ。Gは息を吐いて火縄銃を立てかけ、外を注視していると、敵兵達が、捕まえた町民や投降した町民達を鍛冶場の前に並べ始めた。そこには、Gの知っている町民も何人か混じっている。(あいつら何をする気だ…。)すると、町民を並べた敵兵は、「鍛冶場の者ども!良く聞け!ヌシらの抵抗など無駄な足掻きじゃ!まもなく城が落ちる!その時に降伏しても許さぬぞ!!」鍛冶場に向かって大声をあげた。それでも鍛冶場の者達は、返事を返さず黙って敵兵を見ていると、「ならば、ヌシ達もこうなるぞ!!」と吠えて、槍を持った者達が町民の前に並んだ。


Kommentoi



 (すげぇなぁ…英雄かぁ…。)長い話を聞いた
16.10.2018 15:34

(すげぇなぁ…英雄かぁ…。)長い話を聞いたたっつんが、岩壁の顔を眺めながら、許松の家に戻った頃には、すでに陽が中天を過ぎていた。たっつんは、黙って陳秀の部屋に戻っていくと、寄合があるとかで、かで、朝から居なかった許松が陳秀と話しているところであった。二人は、帰ってきたたっつんに顔を向けると、「頭目。おかえりなさいませ。」「ひょっひょっひょ。何ぞ面白いもんはあったか?」と言葉を投げてきた。昨夜、大いに落胆していた許松も、一夜明ければ異形に軽薄な笑顔を浮かべている。「あぁ。」その許松の問いに、短い言葉で返すたっつんが、二人の近くに座ると、「唐寅ってのは、そないにワシに似ておったのか。」と許松に問いかけた。「ひょっひょっひょ。誰ぞから聞いたか。瓜二つじゃわぃ。驚いたぞ。ひょっひょっひょ。」と笑っている。


Kommentoi



 (すげぇなぁ…英雄かぁ…。)長い話を聞いた
16.10.2018 14:23

(すげぇなぁ…英雄かぁ…。)長い話を聞いたたっつんが、岩壁の顔を眺めながら、許松の家に戻った頃には、すでに陽が中天を過ぎていた。たっつんは、黙って陳秀の部屋に戻っていくと、寄合があるnwd.com.hkかで、朝から居なかった許松が陳秀と話しているところであった。二人は、帰ってきたたっつんに顔を向けると、「頭目。おかえりなさいませ。」「ひょっひょっひょ。何ぞ面白いもんはあったか?」と言葉を投げてきた。昨夜、大いに落胆していた許松も、一夜明ければ異形に軽薄な笑顔を浮かべている。「あぁ。」その許松の問いに、短い言葉で返すたっつんが、二人の近くに座ると、「唐寅ってのは、そないにワシに似ておったのか。」と許松に問いかけた。「ひょっひょっひょ。誰ぞから聞いたか。瓜二つじゃわぃ。驚いたぞ。ひょっひょっひょ。」と笑っている。


Kommentoi



 隆行達が、今か今かと則正の戻りを待っているはずであ
14.08.2018 09:36

隆行達が、今か今かと則正の戻りを待っているはずである。しかし、もはや、後の祭りである。則正は、自ら失態の大きさに、下を向いて、思い詰めた顔でうなだれ、動く事が出来なくなっていた。しばらく、則正がうなだれたままでいると、店の者が入ってきて、則正に一つの箱を渡した。「主人からです。」「…はぁ。」則正は、怪訝な面持ちで箱を開けると、大金が入っていた。驚いた則正が目を白黒させるていると、店の者が、「主人から言づても預かっております。」則正は、状況が掴めないまま、とりあえず、姿勢をずらし、店の者に向かい合った。店の者は、一つ咳払いすると、「則正はん。あんたは誠実そうやが番頭としては未熟すぎます。この度の設楽焼の件は勉強代やとおもうて諦めなはれ。しかし、侘茶屋の御当主はんは、品の選定も良いようやし、何より茶を愛しているようですな。人選びも能力よりも誠実さで則正はんを番頭に選んだとちゃいますかな。創業期であれば、何かと大変やろうし、お近づきの記しとして、これを投資させてもらいましょ。次回は、是非御当主はんと茶を喫したいものですな。」武野紹鴎は、茶人である前に商人であった。店の者はそこで、言葉を切り、「これが、その500貫です。ご確認下さい。」「ごっ…」則正は辛うじて言葉を飲み込み、手の振るえを押さえながら、銭を勘定した。500貫、現在の価値で言うなら、約3500万円である。


Kommentoi


©2018 Travel Spike - suntuubi.com