Suntuubi-palvelussa käytetään evästeitä. Palvelua käyttämällä hyväksyt evästeiden käytön. Lue lisää. OK
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

RSS

 隆行達が、今か今かと則正の戻りを待っているはずであ
14.08.2018 09:36

隆行達が、今か今かと則正の戻りを待っているはずである。しかし、もはや、後の祭りである。則正は、自ら失態の大きさに、下を向いて、思い詰めた顔でうなだれ、動く事が出来なくなっていた。しばらく、則正がうなだれたままでいると、店の者が入ってきて、則正に一つの箱を渡した。「主人からです。」「…はぁ。」則正は、怪訝な面持ちで箱を開けると、大金が入っていた。驚いた則正が目を白黒させるていると、店の者が、「主人から言づても預かっております。」則正は、状況が掴めないまま、とりあえず、姿勢をずらし、店の者に向かい合った。店の者は、一つ咳払いすると、「則正はん。あんたは誠実そうやが番頭としては未熟すぎます。この度の設楽焼の件は勉強代やとおもうて諦めなはれ。しかし、侘茶屋の御当主はんは、品の選定も良いようやし、何より茶を愛しているようですな。人選びも能力よりも誠実さで則正はんを番頭に選んだとちゃいますかな。創業期であれば、何かと大変やろうし、お近づきの記しとして、これを投資させてもらいましょ。次回は、是非御当主はんと茶を喫したいものですな。」武野紹鴎は、茶人である前に商人であった。店の者はそこで、言葉を切り、「これが、その500貫です。ご確認下さい。」「ごっ…」則正は辛うじて言葉を飲み込み、手の振るえを押さえながら、銭を勘定した。500貫、現在の価値で言うなら、約3500万円である。


Kommentoi



 隆行がウトウトしだした頃、下から複数の声が近づいて
14.08.2018 09:34

隆行がウトウトしだした頃、下から複数の声が近づいてきた。隆行が身体をずらして下を見ると、約50人もの山賊達が少し離れたところに見えた。(げっ。せいぜい20~30人くらいだと思ったのに、あいつあいつら、あんなに大所帯なのか。)約50人の山賊達が、徐々に隆行の方に近づいてくる。途中、他の茂みから現れた者を加えたり、10人の単位で集団を離れていったりと、その集団は数を増減しながら進んでくる。頭目と思しき男が、「まだ、見つからんのかぁ!!五郎三郎、こいつらを連れて向こうを見てこい!!」等と言っている。(こりゃぁ、明らかに俺を捜してるな。)隆行は腹を据え直し、下の様子を注視していた。(さて、どうするか。あの偉そうなのが真下に来てくれればやりようがあるんだけど。)だが、残念ながら、隆行の想いは届かず頭目らしき男は隣の木の根元の方へ行ってしまった。その男達は、夜中から隆行を探し続けていたのであろう。隣の木の根元に、着くと、そこで停止し、40人を4組に分け四方へ放った。頭目の周りには、10名の男達を残すのみとなった。(チャンスだ。)この機を逃す隆行ではない。


Kommentoi



 (供の者が赤揃え!織田家!若!犬千代!竹千代!織田
01.08.2018 17:08

(供の者が赤揃え!織田家!若!犬千代!竹千代!織田 VS 松平今川連合!織田優勢!)隆行の脳内で膨大な歴史データベースが高速に稼動する。(第二次小豆坂の戦いだ!!ってことは1548年3月!若月!若ってのは信長だ!)隆行の目がギラリと底光りした。「G!たっつんをあの馬に乗せてお前も乗れ!この後、逃げるチャンスがある!」信長の乗っている馬を指差しながら、既に隆行はそこへ走り始めていた。「何をやっておる!!そんな奴一人、さっさと捕らえんかぁ!!!」槍を受け取りながら信長の怒号が飛ぶ。それもそのはず、隼人は悪鬼羅刹の如き奮迅振りで、徒歩でありながら、多数の騎馬武者達に囲まれながら互角にやりあっている。信長をはじめ、犬千代、騎馬武者共々、隼人に釘付けである。その時、全力疾走していた隆行の巨体が宙を舞った。槍を持った信長にフライングボディプレスをかましたのである。二人が地面にもんどり打って落ちると、信長が乗っていた馬がGの方へ駆け出した。隆行が落下中、馬の尻を蹴ったのである。Gはその馬を捕まえると、急いでたっつんを乗せ始めた。「若ぁー!!!!」落馬する信長を見た、犬千代が絶叫し、少年ながら太刀を抜いて走り始める。騎馬武者達も何人かが信長の方を向く。転がりながら、マウントポジションを取った隆行だったが、周り中からの殺気を感じ、急いで立ち上がると、「隼人ー!今のうちだぁー!逃げるぞ!!」言うが早いか、Gの方へ駆け始める。「何をやっておる!ワシなら平気じゃ!!さっさと捕らえんかぁ!たわけ共!!」倒れた信長の上体から再び檄が飛ぶ。更に鬼気を増した騎馬武者達は二手に割れ、一手は隆行・Gの馬の方へ。もう一手は、殺気を帯びて隼人に一斉に襲い掛かってきた。隼人は、その中の一人に狙いを絞ると、そいつの馬に飛び乗り、乗り手を強引に引き落馬させた。その間に、隆行は、Gとたっつんが乗る馬の先頭に飛び乗り手綱を握る。すかさず、Gがリュックからベルトを取り出し三人の身体を縛る。そして、自らは後ろ向きになり電動ガンで追ってくる騎馬武者の目を狙って撃ち始めた。馬に飛び乗り、その様子を確認した隼人が高らか叫ぶ。「逃げるぞぉぉーー!!!!」


Kommentoi



   新しいマスターの魔力が、部屋の中に
01.08.2018 14:37

  新しいマスターの魔力が、部屋の中にあることが感じ取れる。ドアが外れたからと他の部屋へ移ってはいなかったようだ。 幸い廊下は崩れていながらも、歩くことはできた。漸くたどり着いたらも、歩スター室の入口で、サキカは声を張り上げた。「"白銀の刀使い"です。現状をうかがいに参りました。入室してもよろしいでしょうか」 普段ならば、扉を三度叩いているところである。しかし、今は叩く扉がないのだ。「っ総帝様!? どどど、どうぞお入りください……!」 マスターになる前からサキカと面識がある彼は、未だにその立場に慣れていないらしい。サキカのことを零番隊隊長と呼ばずに総帝様と呼んでいるのが、その証拠である。 マスター室へ一歩踏みいったサキカは、眉を寄せかけた。書類が散乱し足の踏み場もないのだ。「す、すみません。襲撃されてからまだ片付けがすんでいないものでして……」 数枚手にとってざっと目を通してみると、床に散らばった書類の中には重要なものもあればどうでもよいようなものもあるようだ。「風魔法を使われてしまいまして……。あ、いや、火魔法を使われるより百倍はマシなんですが」 ──紙製の書類を燃やされたらどうしようもない。.


Kommentoi



   新しいマスターの魔力が、部屋の中に
14.07.2018 13:14

  新しいマスターの魔力が、部屋の中にあることが感じ取れる。ドアが外れたからと他の部屋へ移ってはいなかったようだ。 幸い廊下は崩れていながらも、歩くことはできた。漸くたどり着いたマスタースター室の入口で、サキカは声を張り上げた。「"白銀の刀使い"です。現状をうかがいに参りました。入室してもよろしいでしょうか」 普段ならば、扉を三度叩いているところである。しかし、今は叩く扉がないのだ。「っ総帝様!? どどど、どうぞお入りください……!」 マスターになる前からサキカと面識がある彼は、未だにその立場に慣れていないらしい。サキカのことを零番隊隊長と呼ばずに総帝様と呼んでいるのが、その証拠である。 マスター室へ一歩踏みいったサキカは、眉を寄せかけた。書類が散乱し足の踏み場もないのだ。「す、すみません。襲撃されてからまだ片付けがすんでいないものでして……」 数枚手にとってざっと目を通してみると、床に散らばった書類の中には重要なものもあればどうでもよいようなものもあるようだ。「風魔法を使われてしまいまして……。あ、いや、火魔法を使われるより百倍はマシなんですが」 ──紙製の書類を燃やされたらどうしようもない。.


Kommentoi


©2018 Travel Spike - suntuubi.com