Suntuubi-palvelussa käytetään evästeitä. Palvelua käyttämällä hyväksyt evästeiden käytön. Lue lisää. OK
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123

RSS

 ガイア、サキカは巧を連れて、窓際のテーブルに座った
28.03.2018 08:11

"ガイア、サキカは巧を連れて、窓際のテーブルに座った。

「何食べたい?」

サキカは巧に写真付きのメニューを見せた。

メニューの写真が動いているのを見て、巧は目を丸くした。

「写 買日本樓 って動くの!?」

サキカは巧に尋ねられて、東の国の写真は動いていなかったことを思い出す。

「うん」

巧がまじまじと写真を覗き込む様子を、サキカは少し笑って見ていた。

「俺はミートスパゲティにするかな……。サキカは?」

ガイアに聞かれてサキカは慌ててメニューを見る。

「じゃあ……茄子と茸のドリアにでもしておくよ。巧はどうする?」

サキカはジパング語で尋ねた。

「ふぇ?……あ、えーと……」

巧は迷っているようで、中々決まらない。

どうやら、彼は優柔不断なようだ。

「うん……じゃあ、これにする」

オルス語の文字が読めない巧が指差したのは、ハンバーグであった。

「了解。すみません」

サキカは近くに歩いていたウエイトレスを呼び止める。

全員の分の注文を言い、ついでに飲み物を頼んだ。

暫くして注文した料理が運ばれてきて、サキカはフォークを、ガイアはスプーンとフォークを手にし、食べはじめようとした。

しかし、巧はそれを見て顔をしかめた。

サキカは巧の表情から何を言いたいのかを感じ取り、フォークを置く。

「どうした?」

ガイアがサキカに問いかけた。

「東の国には食事をするまえに、食べ物とそれを作った人達に感謝の意で祈りを捧げる週間があるんだよ」

「へぇ……」

ガイアは少し興味を引かれたのか、手にしていたフォークとスプーンを置いて、巧を見た。

巧は当たり前のように手を合わせる。

「いただきます」

少し小さな声で呟いて、漸くナイフとフォークを手にした。

「……いただきます」

サキカは自分にとって懐かしいそれを、巧と同じ様に手を合わせて呟くと、再びフォークを手にする。

「いタだきマス……」

ガイアは見様見真似で手を合わせ、片言なジパング語で言って、スプーンとフォークを手に取った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

××××××××××××

食事後――

今から帰ろうとすると、野宿をしなければならなくなってしまう、ということで、帰るのは明日の朝にして自由時間となった。

サキカは巧を連れて再び森の中へと足を踏み入れた。

暫く歩くとあの湖に出た。

湖の辺に巧とサキカは並んで腰を下ろした。


."


Kommentoi



 Testing content 8
14.02.2018 10:26 | Anna

Testing content 8 <a href="http://www.yahoo.com.hk">testing</a>


 - Anna | Kommentoi



 Testing content 4
02.02.2018 17:38 | Anna

Testing content 4 <a href="http://www.yahoo.com.hk">testing</a>


 - Anna | Kommentoi



 Testing content 4
02.02.2018 17:34 | Anna

Testing content 4 <a href="http://www.yahoo.com.hk">testing</a>


 - Anna | Kommentoi



 Testing content 4
02.02.2018 17:21 | Anna

Testing content 4 <a href="http://www.yahoo.com.hk">testing</a>


 - Anna | Kommentoi


©2018 Travel Spike - suntuubi.com